お腹 脂肪 落とす

お腹周りの脂肪を落とす運動は腹筋が大切!

お腹の脂肪落としダイエット運動を始める前に


 

diet

お腹周りの脂肪、大切なのはこれ以上脂肪を溜めない努力が1番。40歳過ぎの体は、基礎代謝が下がって来ます。
1度脂肪が付いてしまうと、脂肪燃焼に時間がかかってしまう! 女性の場合は特に皮下脂肪が付き、お腹周りの脂肪は最後まで落ちにくいと言われます。

 

 

と同時に、ダイエットで怖いのは急に食事の量を減らす事。何でもかんでも食事の量を減らせば、お腹周りの脂肪が減るは大違い!!
逆に消費エネルギーが減ると、運動の妨げで痩せにくい体になってしまう。お腹周りの脂肪を落とす、食事の量ではなく質(カロリーカットの質)

 

 

運動でお腹周りの脂肪を落とす 悩みの発端


お腹周りの脂肪には、内臓脂肪や皮下脂肪が付いて、ダイエットを頑張っても、なかなか落ちないと、嘆く人が多いです。
特に、40過ぎてからの肥満体の人は、今以上脂肪を溜めない事と運動の慣らしから考える。
ダイエットしてもなかなかお腹周りの脂肪が減らないばかりか、肉のはみ出しが。。。

 

悩みの解消は、ダイエット方法を知る事から慣らしながら、結果となる効率を考える事が大事です。 
女性のダイエットは、正しい運動方法で効率を上げる工夫です

 

 

自宅でトレーニング、やった積りでは自己満足に過ぎず、結果に反映されてなければ無駄なダイエット運動ですよ!!

 

 

運動

お腹の周りの脂肪を落とす運動


初めてダイエットに臨む方は、栄養分を奪われないように、アミノ酸入りのドリンクかサプリメントを
運動始める30分前に飲む事を、おすすめします
男女、年齢でも違いますが、まずはゆっくりした動きの有酸素運動からスタート。

 

有酸素運動は、脂肪が燃えだす第1歩です。
お腹の周りの脂肪を燃やすのは、有酸素運動←基本ですので覚えて下さいね。

 

有酸素運動から無酸素運動(腹筋.筋トレ)は体脂肪を燃やしやすくする。
ここまでは、皆さんが普段やっている運動ですね。
2つの運動で、体重は減ってきます。 しかし、止めてしまうとリバウンドがきます。

 

リバウンドする理由は、ズバリ! 女性は筋トレが苦手だから。
ここが痩せない、脂肪が減らない大きな理由です。
脂肪燃焼は、筋肉量を増やす事で燃焼が始まりお腹周りの脂肪も減る。
体重が増えたは、筋肉が減った代わりにお腹に付いた脂肪が増えた結果。
もっと正しく言えば、体脂肪が増えていませんか??? 体脂肪の燃焼が重要と言う事です。

 

 

脂肪を落とす運動には、筋肉量を増やす事が大切です。

 

つまり、脂肪太りのお腹は、体脂肪が多いと言う事ですね。
体脂肪を燃やす運動は、筋肉量が増えないとなかなか燃えにくい。
筋肉量を増やす運動は、体幹を鍛えるトレーニングがベストです。
難しそうに思いますが、効率良く脂肪を減らす筋トレですから、コツが分かれば誰でも出来ます。

 

 

体幹とは


体幹筋、分かりやすくは、人間の前後にある大きな筋肉の事です。
前体幹部分には、腹斜筋や腹直筋、腹横筋、大腹筋等
後体幹部分には、後背骨などが代表的です。

 

 

体幹トレーニングの効果


体幹トレーニングは自宅でも簡単に出来ます。
大きな筋肉を意識して、体幹トレーニングをすれば筋肉量が増えやすい。
筋肉量が増えると、体脂肪が燃えやすく、基礎代謝が上がってきます。
代謝が上がると、さらなる脂肪燃焼で、効果的に痩せられ、太りにくい体になる。

 

体幹トレーニングはサッカーの長友選手がやっている運動で有名です。
本気で痩せたい、脂肪燃焼を効率を上げたい!! 殆どの人はこの運動を取り入れています。
体幹を鍛える事で、お腹周りの脂肪が落ち、引き締まった体になる運動です。

 

 

 

体幹トレーニングで筋肉量を増やし、脂肪燃焼を早める効果!!

 

 

 

体幹トレーニングは、キツイと思われがちですが、自宅で出来る体幹運動は種類も多く、負荷をかけない簡単トレーニングは沢山あります。実は私も敬遠していましたが、自宅トレーニングのプログラムを見て無理なく結果が出ている方法が↓↓ これでした。

 

体幹トレーニングでお腹周りの脂肪を落とす、効率の理由がハッキリわかる。

 

 

スポンサー ドリンク